« Oh~!Yeah~!Yes!Yes!! | Main | 『ワンダフルライフ』(全話)★★☆ »

Sunday, July 11, 2004

『プライド』(全話)★★

「メイビ~」だとか「古き良き時代の女」だとか、おもしろ台詞が話題に
なった本作品。運悪く全部見てしまいました。

<作品面>
とにかく前半の1~5話の脚本がひどい。
特に4話の染五郎が主役の話など、あまりのひどさに笑いが止まらなかった。
後半はもちろん普通ではないけど、月9ラブストーリーとして最低限の体裁は
保ちつつ、野島氏らしい展開がされていた。
結局の所、トラウマ克服恋愛モノというスタイルに落ち着いたみたい。
主人公のハル(木村拓哉)は幼い頃に母親に
捨てられ、その喪失感からかなりのマザコンになってしまった。
そんなこんなで「僕、マジな恋愛はできないんです」という流れの中、
野島伸司が着地点に選んだのが、アキ(竹内結子)の中の?
もしくはハル(キムタク)自身の中にあるイメージとしての母性を
愛するというところだってのが、なんとも彼らしい。
「ゴールデンボウル」もそうだったけど、母性とかホント好きだよね。
あとは駄洒落多すぎ。本人は言葉遊びぐらいのつもりかもしれんけど(^^;

まあこんな内容じゃ一般ウケしないよな。
最終回の氷の女神を見たあと、スタンドのアキを見てハルが
「ママ」なんていうシーンなんか普通の人は引きまくりでしょ(笑)
野島伸司が普通の恋愛なんか描けるわけがなかった。
でもそれを僕は期待してるので、これからもどんどん独自路線を
突き進んでください。視聴率なんかいりません。
今回の失敗は大多Pの視聴率獲得政策と、野島脚本が単に
相容れなかっただけと解釈しておきます。

<商業面>
結局アイスホッケーを題材にする意味があったのかなぁという
疑問は残る。タイトルバックは格好良かったけど、
本格的にアイスホッケーを見せらましたという感じもなかったし。
しかし、この無茶苦茶な内容で平均視聴率24.9%は立派。
キムタクは流石だなぁと感心させられた。嫌いだけど(笑)
でもこの役はホントキムタクにしかできないよ。
子供っぽさ全開(ていうかマザコン)の30歳スポーツマンを
演じられるのはキムタクしかいない。
メイビーなんて連発できる人もキムタクしかない(笑)
まあ正確にはいるんだけど、月9の主演はって数字を
持ってこれるという条件では、間違いなく彼だけ。
演技に関しては、キムタクはやっぱりキムタクであり、
演技の幅は限りなく狭いということを再認識した。
数秒のアップに耐えうる役者が貴重なのは事実だけど。

キャストでは坂口憲二、市川染五郎、中越典子、MEGUMI
といったところが同格扱いなのかと思いきや、
市川染五郎、MEGUMIの出番はかなり少なかった。
染五郎は女遊び好きのボンボンというはまりキャラで、
4話では自爆ネタまでやって頑張ったわりには報われない感じ。
坂口は主演はやっぱり無理だけど、助演なら仕事はする。
主演に耐えうる演技力と華は相変わらずないけど。
一番気になったのは中越典子で、パワーなさすぎ。
華もないし、かといって演技派でもない。
今後もう大きい役はもらえないのではないかと思う。
2年後ぐらいに昼ドラに出ている可能性大。
最後に難しい役を一貫性を持って演じた竹内結子は高く評価したい。
これだけちゃんと泣ける女優は意外と少ない。
当分は柴咲コウと竹内結子の2トップで決まりかな。

|

« Oh~!Yeah~!Yes!Yes!! | Main | 『ワンダフルライフ』(全話)★★☆ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40561/948748

Listed below are links to weblogs that reference 『プライド』(全話)★★:

« Oh~!Yeah~!Yes!Yes!! | Main | 『ワンダフルライフ』(全話)★★☆ »